足のむくみ

足のむくみをバッチリ解消!足のむくみ原因ととる方法をこちらでチェック!

足を組む座り方はNG!イスには深く腰掛けることでむくみを防止。

読了までの目安時間:約 2分

 

足を組むとむくみやすい訳とは?

 

オフィスで足を組んで仕事をされている方がいらっしゃいます。

 

海外ドラマではよくみかける光景ですよね。

 

さてこの脚を組んでのオフィスワーク、あまりよろしくありません。

 

そもそも長時間座りっぱなしでの作業が足のむくみにいい影響を与えません。

 

そしてさらに足を組むという所作もむくみやすい状況にあるといえます。

 

よく見てください。

 

片方の足がもう片方の足を圧迫し血行を妨げているのです。

 

しかも足を組む姿勢そのものが骨盤を左右どちらかに傾いてしまうため背筋も伸びずに姿勢が悪くなってしまいます。

 

このような姿勢を続けていれば足のむくみが促進されほかの部位の筋肉も疲労してしまいます。

 

足を組む方の言い分としては癖になっているということでしょうしそれは習慣になっているわけです。

 

すぐに直すのは時間がかかりますので意識してそのつど治すように工夫することです。

 

まず椅子に深く腰掛けるようにしましょう。ただしこのとき椅子の高さに中止しましょう。

 

椅子に深く腰掛けたときに両足が床につかないようにしてしまうとひざから下がぶら下がる状態になります。

 

これは太ももの裏側が圧迫される状態、つまり足を組んだ状態に似ていますので足のむくみを誘発しやすいので注意しましょう。

 

足のむくみ、血液がうっ滞しやすくなる理由とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

立ちっぱなし座りっぱなしだと筋ポンプ作用が働かない

解決12

 

立ち仕事と聞いて思いつくのが調理師や店員、看護師、理容師、美容師などです。

 

これらの方の多くがいまだに足のむくみに悩まされているんですね。

 

もちろん仕事以外でも長い時間立ちっぱなしや座っていると足がむくんでくることがあります。

 

これは足の血液に重力がかかって心臓に戻りにくくなっているからなんです。

 

特に足を動かさないと血液を心臓に戻す筋ポンプ作用が働かなくなりますます足に血液がたまってしまうんです。

 

なので立ち仕事だけでなく事務職やパソコン関係などで長時間座っているのも同じことなんです。

 

よくオフィスで背伸びしているおじさんを見かけることはありませんか?

 

あれは足のむくみ対策としては有効だと思います。

 

なんにせよ立ちっぱなしや座りっぱなしはよくありません。

 

背伸び以外にもふくらはぎをマッサージしてやることでうっ滞した足の血液を心臓に戻してやるとよいでしょう。

 

また足を圧迫する弾性ストッキングを履くのもむくみの予防になります。

 

運動不足で足の血液がうっ滞しやすくなる

運動

 

運動不足も足のむくみを引き起こす原因となります。

 

それは筋ポンプ作用が十分に働かなくなり足の血液が心臓へと戻りにくくなるためです。

 

もうひとつは運動不足に陥ることで筋力そのものが自分自身を弱めて筋ポンプ作用の効率を悪くしてしまうんです。

 

よく発達した筋肉は効率よく足の血液を心臓に戻してくれます。

 

なので高齢者や女性、痩せた人など筋肉の発達が弱そうな人は足がむくみやすいと思います。

 

日頃から運動をすることで足の筋肉を強くしておけば足にうっ血が起こりにくくなります。

 

筋ポンプ作用で頼りになるのがふくらはぎの筋肉です。

 

普段から積極的に歩くだけでもふくらはぎの筋肉は強化されます。

 

より強くしようと思えばだらだら歩くのではなくきびきびと筋肉をしっかり使う歩行が重要です。

 

人は足から老いると言いますが適切な歩行習慣は、足のむくみだけでなく老化防止にも一役買っているというわけです。

 

足のむくみの原因を調査!高齢者と女性に多い理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

足のむくみが高齢者と女性に多い理由とは?


 

厚生労働省が実施した国民生活基礎調査というのがあるんです。

 

その結果、日本人全体の32%の方が足のむくみやだるさを感じています。

 

特に女性の場合だと47%の方が感じているんです。

 

それにこの足のむくみを感じるという傾向は高齢になるほど右肩上がりになり65歳以上になると全体の65%以上になります。

 

しかも女性のみに絞ってみると82%に跳ね上がってしまいます。

 

年齢別でみると高齢者に多く性別では女性が多いという結果が出たんです。

 

こういった結果になったのは何が原因なのでしょうか?

 

女性にむくみが多い原因として以下のことが挙げられます。

1、男性と比べて筋肉があまり発達していない。
2、運動する習慣も機会も少ない。
3、女性ホルモンのために血管が拡張しやすい。
4、ヒールの高い靴を履く。
5、身体を締め付けるスーツを着用する。

 

高齢者にむくみが多い原因としては以下のことが挙げられます。

1、歩く習慣が少なくなり足の筋肉が弱くなる。
2、高齢で皮膚のハリがなくなる。


ざっとあげてみましたがすべての高齢者や女性が足のむくみを訴えるわけではありません。

 

むくみやすいと言われる方にはこれとは別に理由があることが少なくありません。

 

日常生活に見える足のむくみの原因とは?

美容師

 

日々の生活の中に足のむくみになる原因があることがあります。

 

とある美容院の女性店員が足のむくみに悩んでいました。

 

1日中立ちっぱなしの仕事になりますから夕方になると足がパンパンになってしまうのだとか。

 

これは立ち仕事がむくみの原因と言えるでしょう。

 

仕事をやめるわけにはいきませんのでまずは以下の対策を講じましょう。

1、立ち時間をなるべく削る。
2、仕事の合間にしっかり休憩を取る。
3、意識してなるべく歩く。
4、弾性ストッキングを使う。

これらの対策が有効です。

 

今回のケースは立ち仕事でしたがそれ以外にも不規則な生活や食事や運動不足、それに間違った靴や下着を履いたりなどがむくみを起こしやすい環境になります。

 

なので自分の日常生活を一度見直すことでむくみの原因を見つけ、自分に合った予防法や解消法を工夫していきましょう。

 

気を付けてほしいのがむくみにはその背後に病気が隠れていることがあるんです。

 

具体的にいうと心臓や腎臓、肝臓の病気です。あるいは足の静脈やリンパ管といった血管の病気などです。

 

気になって病院で診てもらったら心臓の病気や甲状腺の病気がわかった方がいらっしゃいます。

 

ほかにも片方の足が腫れて足の静脈の病気である「深部静脈血栓症」と診断された方もいらっしゃいます。

 

気になるという方は病院で診てもらうようにしましょう。